認知症は運転免許を持たせてはいけない

高齢化社会の現代にとって高齢者の人口はますます増えていきます。そして高齢者の認知症の問題も社会問題になりつつあります。認知症になっているかどうかというのは、簡単にわかるものではありません。とくに夫や妻、あるいは自分の親が認知症がどうかというのはすぐにはわかりません。もの忘れが激しくなったとしか思えなかったり、変だなと思ってもそれを認めたくないというのが本音です。でもそれでは問題は解決することはできません。少しでもおかしいと思ったときに医師の診察を受ければ症状を遅らせたりすることができるといわれています。認知症薬も良いかもしれません。今社会問題となっていることが高齢者の運転免許をいつまでもたせるかということです。
高齢者の中にはボケがはじまっているにも関わらず、運転をしているというケースもあります。本人も周りも気がつかないときに運転をしていて、症状がある日ひどくなったときに事故を起こすということもいま、現実として起こっているのです。
このようなことを未然に防ぐためには、高齢者の運転免許をある時期に返還するということを積極的にやる必要があるといえます。ただ、いつも車に乗るのが当たり前になっている地方の高齢者にとって、車を取り上げられるのは困るという人も多いです。
また自分だけはまだ大丈夫と思っている高齢者も多いからです。ただ今後事故を防いでいくためにも、いつまでに免許を返還したらいいのかや、自動ブレーキがついた車にするということも今後の課題になっています。